転職というチャンス

現在の職場に約9割以上の方が不満をもっていると言われています。
この不満を抱え、日々ストレスを溜め「うつ病」になってしまい、最後には退職という選択をする方が少なからずいます。
実際に上場企業の約7割には、心の病により1ヶ月以上、会社を休んでいる従業員がいるという調査結果があります。
誰しも、転職を考える時期というのがあり、転職サイトを除き、転職後の自分を想像したことがあると思います。
しかし、多くの方は転職という選択にマイナスイメージをもってしまうものです。


また、雇用側も転職回数が多いと採用を懸念してしまうという実態もあります。
しかし、海外では日本よりも転職率は高く、回数も比較的多いのです。
より良い環境を求め、更なるキャリアアップを望むことは悪いことではありません。


現代の日本企業でも欧米化に伴い、年功序列や終身雇用が全てにおいて良いという考えではなくなっています。
そのため、ひと昔前よりも転職への意識が変化していることでしょう。
「転職」という選択で新たな人との関わりや仕事内容の変化などから人生における転機となることがあります。
しかし、転職というのには退職を切り出す勇気と転職先を見つける労力が必要となり、なかなか踏み出せないのが現状です。


ここで、行動を起こさずしてチャンスを掴むことはできないものです。
まずは、転職という行動を起こす前に自身の中で今の仕事と向き合い、本当に転職するべきタイミングは今なのかを考慮しなければなりません。
そして、ここから計画を立て、行動に移していかなければならないものです。


[外部リンク]
転職するべきタイミングなど転職に役立つ情報が掲載されているサイトです >>> 転職情報

Copyright © 2014 転職への道 All Rights Reserved.